ハナミズキ(花水木)の果実

ハナミズキ(花水木)は同名の歌と共に人気が高い。花、果実、紅葉と季節毎に楽しめる。 日本における植栽は、1912年に当時の東京市長であった尾崎行雄が、アメリカ合衆国ワシントンD.C.へサクラ(ソメイヨシノ)を贈った際、1915年にその返礼として贈られたのが始まり。 2020年10月2日 町田市三輪町 関連 …
コメント:0

続きを読むread more

ムサシアブミ(武蔵鐙)の果実

サトイモ科テンナンショウ属特有の果実。最初は緑色だが熟すと赤くなる。この季節、種は葉の違いなどで見分けるのが容易。 初見は高蔵寺で植栽された個体だったが、2012年に長崎県北部の山道で群生に出会った。 2020年10月2日 町田市三輪町 関連 里の秋 三輪の里散策 https://shashinkai…
コメント:0

続きを読むread more

ホトトギス(杜鵑草)

和名ホトトギスは、「杜鵑草」の意で、花の斑点が鳥のホトトギス(杜鵑)の胸にある斑点に見立てたことによる。花期は8-10月。日本固有種。鳥のホトトギス(杜鵑)は渡り鳥で5月中旬頃に日本に来る。 2020年10月2日 町田市三輪町 関連 里の秋 三輪の里散策 https://shashinkairo.a…
コメント:0

続きを読むread more

里の秋 三輪の里散策

三輪町、三輪緑山を散策し、三輪の里の秋を満喫した。 2020年10月2日 町田市三輪町、三輪緑山 切通し 谷戸 ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡) [記事] 彼岸花群生 ? コスモス ニラ群生 キンモクセイ [記事] ? …
コメント:0

続きを読むread more

根府川散策

清水からの帰路の途中、JR根府川駅で下車し周辺を散策した。 2020年9月13日 神奈川県小田原市根府川 根府川駅 駅前の案内板 寺山神社 釈迦堂入口を下る 白糸川を渡る 橋から下流 橋から上流 釈迦堂 JR橋梁を見上げる …
コメント:0

続きを読むread more

板前さん

湯河原駅を降り素鵞神社へ向かう途中、「どこへ行くんだい?」と声をかけられしばらく談笑 2020年9月13日 神奈川県湯河原町
コメント:0

続きを読むread more

Oryzias メダカ(目高)

近所の整骨院で飼育しているメダカ(目高)。生魚の他に水槽を分けて稚魚が3匹。 メダカは、観賞魚として古くから日本人に親しまれており、西欧世界には、江戸時代に来日したシーボルトによって、1823年に初めて報告された。 2020年7月17日 横浜市青葉区 関連 鴨志田整骨院 http:…
コメント:0

続きを読むread more

Pinkladies ヒルザキツキミソウ

路傍や民家の庭でよく見かけるヒルザキツキミソウ(昼咲月見草、学名:Oenothera speciosa)。アカバナ科マツヨイグサ属の多年生植物。 北米原産の帰化植物であり、観賞用として輸入・栽培されていたものが野生化している。 2020年5月14日 横浜市青葉区 関連 ヒルザキツキミソウ@Wik…
コメント:0

続きを読むread more

Deutzia crenata 卯の花

卯の花の 匂う垣根に 時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて ♪♪ 童謡『夏は来ぬ』で歌われるように、ウツギ(空木)の花は卯月(旧暦4月)に咲くことから「卯(う)の花」とも呼ばれ、古くから初夏の風物詩とされている。 2020年5月11日 横浜市青葉区
コメント:0

続きを読むread more

Masaji II 雅爺人形 

人形作家の山崎小枝子さんが2012年に開催した「山崎小枝子の世界展」で作った108人の人形のうちの一人 行方がわからず、どこへ行ったか探したところ、飾り棚の上に寝転んでいた。 2020年5月19日
コメント:0

続きを読むread more

flowering dogwood ハナミズキ(花水木)

ハナミズキ(花水木)が咲き始めた。花弁のように見えるのは総苞で、中心の塊が花序。北アメリカ原産。 ハナミズキ 日本における植栽は、1912年に当時の東京市長であった尾崎行雄が、アメリカ合衆国ワシントンD.C.へサクラ(ソメイヨシノ)を贈った際、1915年にその返礼として贈られたのが始まり。贈られたハナミズキは全部で6…
コメント:0

続きを読むread more